HP・チラシ・ポスター・DM…、効果が 出ないのは スタートラインに立てていないからかもしれません…

あなたの商品の強みはどうやって判断するのか?
USPの重要性(その1)

あなた(の商品)にはきっとたくさんの強みがあるかと思います。

  • 安い
  • おいしい
  • 近い
  • 質が高い
  • 健康に良い

多くの強みがあったらすべて紹介したくなりますが何を優先してターゲットに伝えるべきなのかを説明します。


その判断基準はたった2つです。
①ターゲットの悩み(問題)に効果がある事。
②ライバルが真似できない(しにくい)事。

(1)ターゲットの悩み(問題)に効果がある事。

(1)に関しては「そんなの当たり前でしょ」と思われるかもしれませんがターゲットの悩みは何なのかをアンケートやお客様の声などからきちんと分析を行って、把握していることが前提となっています。
またターゲットの悩みに効果的であるときちんと伝わらなければ意味がありません。


白髪染めでも一度染めれば1か月効果が続く高品質な白髪染めを求めているのか?それとも出かける時にサッとひと塗りするだけで1日だけ効果がある白髪染めを求めているのか?で全く強みの表現の仕方が違います。


あなたはターゲットの一番の悩みを知っていますか?
あなたの商品・サービスの強みはその悩みの解消をウリにしていますか?

(2)ライバルが真似できない(しにくい)事。

(2)に関してもライバルをきちんとリサーチしておかなければ
“ターゲットに全く響かない強み”を打ち出していた!
なんて失敗に繋がります。

無農薬野菜を使用しています!
→ライバルは契約農家から当日取れた無農薬野菜を仕入れているかもしれません。

スマホからの予約で待ち時間が少ないです!<br>
→ライバルは訪問予約で無駄な移動時間がゼロかもしれません。

あなたはライバルのリサーチを行っていますか?
ライバルのリサーチの頻度は決めていますか?

他の誰もが提供していないような特別な利益やメリットの事をUSP(ユニークセリングプロポジション)と言います。
有名なUSPとして
“30分以内に届かなければタダ”“今日発送したら明日に到着”
などが挙げられます。今でこそライバルにも真似されていますが当時は「そんな無茶な約束出来るわけがない」と各業界に衝撃を与えました。

そこまで強烈なものじゃなくても「地域で唯一」「(あるジャンルで)1位を獲得」などいろいろなジャンルで考えたものでも良いので独自のUSPを考えてみて下さいね。

 

(大阪府岸和田市自宅事務所より更新)

まとめ

商品・サービスの強みの判断基準は…、
(1)ターゲットの悩み(問題)に効果がある事。
(2)ライバルが真似できない(しにくい)事。
この2点が最も高いものを最優先にする。

この判断をするために必要な事は…、
(1)ターゲットの悩みをリサーチすること
(2)ライバルの強みをリサーチをすること
この2点を行う事です。

伝わりやすい文章・ブログのコツは“接着剤”!? 詳しくはこちら

商品・ターゲットの絞り込みの重要性とは? 詳しくはこちら

ネーミングのコツを習得しましょう。 詳しくはこちら

「インボルブメント」(感情移入)の重要性 詳しくはこちら

「続きはCMのあと」を取り入れる 詳しくはこちら

文章を自社作成する危険性を説明します。 詳しくはこちら

キャッチコピーのポイント&裏話 詳しくはこちら

【web豆知識】です。 詳しくはこちら

文章作成ツールアイエンパシーの解約方法です。 詳しくはこちら

“買わない理由”を取り除くことが武器になる。 詳しくはこちら

強み(USP)の重要性(その1) 詳しくはこちら

フロントエンド商品(FE)とバックエンド商品(BE)の重要性 詳しくはこちら

LTV(ライフタイムバリュー)の説明 詳しくはこちら

アップセル・ダウンセル・クロスセルの説明 詳しくはこちら