HP・チラシ・ポスター・DM…、効果が 出ないのは スタートラインに立てていないからかもしれません…

【web豆知識】 スクイーズページとは?

Webに携わっている方もそうでない方も知っているとちょっとカッコいい・・・かもしれません。

それだけでなくwebでモノを売る場合には必要になってくる大事なページでもあります。

ランディングページとは?

スクイーズページはあまり聞きなれない単語だと思いますがランディングページ(LP)の一部と考えてもらえば分かりやすいです。

 

そもそもランディングページと言うのは英単語の“landing”が示す通り「着地」するページを指します。

 

それは自己紹介ページかもしれませんし、アクセスのページかもしれませんし、もちろんお試し購入のページかもしれません。

 

あなたとお客様がネット上で初めて接点のできるページの事がランディングページなんですね。

スクイーズページとは?

その中でスクイーズページと言うのは英単語の“squeeze”の通り「絞る」ページになります。

 

では“何を”絞るのでしょう?

 

“絞り取られる”ものは大きく分けて2つです。それはメールアドレスと個人情報です。

 

それらの貴重な情報を頂くためにあなたが提供すべきものは無料講座動画であったり、お試し価格での購入であったり、メルマガ登録であったり、無料pdf配布などさまざまなコンテンツが挙げられます。

 

“絞り取る“と言う表現はとてもマイナスイメージですが自分にとってプラスになると思っているから個人情報を教えてくれるわけですね。

スクイーズページはこんなに凄い

スクイーズページで取得したメールアドレスや個人情報はそのまま見込み客リストとなります。

 

良いスクイーズページが完成すればあとは多くの人に見てもらうだけでどんどん見込み客リストが増えていく事になります。

 

お金は使った分無くなってしまいますが、見込み客リストという資産は使っても無くなりません。

それどころか喜んで頂けるものを提供するわけですから、どんどんお客様との距離が近づくことになります。

その結果、お客様にとってさらに効果の高いもの=利益率の高いものも売れるようになっていきます。

あなたの素晴らい商品が売れるにつれて、さらに紹介、拡散されていくことでしょう。

素晴らしい商品がお持ちの方が次にすべきことは素晴らしいスクイーズページを作成することです。

では作成のために必要な特典はどうやって考えればよいのでしょうか?

スクイーズページに必要なもの

あなたが有名人やタレントでなければスクイーズページには必ず特典が必要です。

自分にとってのメリットである特典が無ければなかなかアドレスの提供なんてしたくないですよね。

では、あなたの商品を最も欲しがっているターゲット顧客はどんな方でしょう?

 

そんな方がとても役に立つからと喜んで頂ける無料や安価な特典はありますか?

 

pdfファイルや動画での特典にすれば印刷代、郵送代などの経費も掛かりませんのでおすすめです。

 

どんなお仕事の方でも特典は作ることができます。お気軽にメールやお問い合わせページにてご相談して下さいね。

 

(大阪府岸和田市自宅事務所より更新)

まとめ

・スクイーズページはランディングページの一部。

・スクイーズページとはメールアドレスや個人情報などの収集を目的としたページの事。

・スクイーズページではあなたならではのお手軽で魅力的な特典を提供する。

・良いスクイーズページが出来るとあとは多くの方に見てもらえれば見込み客のリストがどんどん増えてゆく。

自責の考えは性格じゃなくて練習で得られる 詳しくはこちら

値上げがあなたの背中をきっと押してくれるようになります 詳しくはこちら

ゴールは一つにして一直線に向かってもらおう。 詳しくはこちら

顧客から「あなたに頼みたい!」と言われる存在になろう 詳しくはこちら

ほとんどの人が抜けているゴールについて伝えることの重要性がわかる 詳しくはこちら

感情を刺激するとあなたの商品がもっと魅力的になる 詳しくはこちら

解決商品と予防商品を理解しよう。 詳しくはこちら

伝わりやすい文章・ブログのコツは“接着剤”!? 詳しくはこちら

商品・ターゲットの絞り込みの重要性とは? 詳しくはこちら

ネーミングのコツを習得しましょう。 詳しくはこちら

「インボルブメント」(感情移入)の重要性 詳しくはこちら

「続きはCMのあと」を取り入れる 詳しくはこちら

文章を自社作成する危険性を説明します。 詳しくはこちら

キャッチコピーのポイント&裏話 詳しくはこちら

【web豆知識】です。 詳しくはこちら

文章作成ツールアイエンパシーの解約方法です。 詳しくはこちら

“買わない理由”を取り除くことが武器になる。 詳しくはこちら

強み(USP)の重要性(その2) 詳しくはこちら

フロントエンド商品(FE)とバックエンド商品(BE)の重要性 詳しくはこちら

LTV(ライフタイムバリュー)の説明 詳しくはこちら

アップセル・ダウンセル・クロスセルの説明 詳しくはこちら